幹栄電気工事株式会社
幹栄電気工事株式会社
幹栄電気工事株式会社
私たちについて
About

私たちについて

幹栄電気工事株式会社は、
環境に貢献できる会社を目指します。

そのために、私たちは既存事業である電気工事に加えエネルギーコストの削減ができる照明のLED化や水環境保護ができる電解水システム、やさしく除菌ができる生成装置のご提案をします。

Service

事業内容

パワナグ事業部

⼯場や病院、商業施設など、誰もが知るような⼤型施設に電気をつなぎ、建物に息吹を吹き込む事業です。

ミナタス事業部

得意分野の電気を利⽤した地球にも⼈のからだにもやさしい電解⽔。
私たちだからできるサスティナブルな取り組みです。

会社案内

Company
会社案内
Company

会社案内

幹栄電気の由来は、「一人一人(枝)が成長し協力し合うことで、会社(幹)と共に皆が栄えて、一人一人の誇れる居場所が生まれる」というもの。人生の多くを占める働く時間を誇りに思え、また歳を重ねても安心して居られる「自分の居場所」になればと考えています。

採用情報

Recruit
採用情報
Recruit

採用情報

私たちは仲間同士が認め合い、高め合いながら仕事を行うことで、お客様に誇りある仕事を提供すると同時に、日々の仕事に働きがい、やりがい、達成感を感じることができる、仕事と自分を誇りに思えるプロ集団を目指します。

幹栄電気工事のSDGsへの取り組み

電解水生成装置を通して、環境負荷が少なく容易にできる衛生管理で安心な食事、心地よい生活空間、働きやすい環境、労働時間の軽減などに勤めることで、SDGs(持続可能な開発目標)推進になると考え、課題に取り組んでいます。

持続可能な開発目標
「SDGs」とは

持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで加盟国の全会一致で採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された、2030年までに持続可能でよりよい世界を目指す国際目標です。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。SDGsは発展途上国のみならず、先進国自身が取り組むユニバーサル(普遍的)なものであり、日本としても積極的に取り組んでいます。